HOME > これがはげの人権を脅かす育毛商品やで! > 薄毛・抜け毛のさまざまな原因

薄毛・抜け毛のさまざまな原因

薄毛や抜け毛にはさまざまな要因が複雑にからんでいます。
しかし、以下のようなものが脱毛の原因となることがわかっています。

遺伝

男性型脱毛症(AGA)の原因として、いくつかの遺伝子が関わっていることが判明しています。
とはいえ、薄毛遺伝子を持つ人すべてが薄毛になるものでもありません。
また薄毛には男性ホルモンに関する遺伝子が関連しており、男性ホルモンを生成しないようにすることでAGAの症状が出なくなり、男性ホルモンの投与により症状が現れるということもわかっています。

男性ホルモン

男性ホルモンにもいくつかの種類がありますが、その内のテストステロンというホルモンがAGAに関連しています。
テストステロンが酵素のはたらきによりジヒドロテストステロン(DHT)に変化すると、薄毛の原因となります。
DHTは体内のアンドロゲン受容体と結合することにより、毛母細胞に影響し毛髪の成長期を短くしてしまいます。
そのために薄毛・抜け毛が増えるのです。

ストレス

精神的・肉体的ストレスが蓄積すると、毛髪の成長にも悪影響を与えます。
円形脱毛症の原因となる他、ホルモンバランスを乱し抜け毛が起こるもととなります。
またストレスにより頭皮がこわばり血行が悪化してしまうことがあります。

頭皮の血流不足

頭皮はピンと張られており、ちょっとしたことで血管が圧迫されやすい状況にあります。
帽子や髪を結ぶなどにより頭を強く圧迫すると頭皮の血行が悪化し、毛根へ酸素や栄養が行き渡りにくくなり老廃物の排出も悪くなり、抜け毛が生じます。
また外部から圧迫しなくても、頭皮が緊張すると血管やリンパ腺が圧迫され、やはり抜け毛につながります。

脂肪の多い食生活

肉食中心で脂肪の摂取量の多い西洋では、薄毛の発生率が高くなっています。
脂肪をとりすぎると皮脂腺が肥大し、毛根が収縮してしまうのです。