HOME > これがはげの人権を脅かす育毛商品やで! > ハゲにはハゲの育毛があるんやで!

ハゲにはハゲの育毛があるんやで!

ハゲの同士諸君!調子はどうや?
相変わらずハゲとるのか?
なんや、恥ずかしがることないで。
ワイもハゲや。
ほれのこ通り。
ワイの頭皮や

ワレいまわろーたな?
どつきまわすでほんまに!
まあええは。許したる。

ワイは大阪の魔術師キチエモンちゅーもんや。
仲間からはハゲキチ呼ばれとるわ。

ハゲとるからハゲキチちゃうで!?
ハーゲンダーツ基地外やからハゲキチやw
まあええはどうでも。

んで肝心な話や。
キミらハゲ治したいと思うとるか?
そのうすーなったハゲに振りかけとるんやろ?いろんな薬剤を。
どや?効いたか?
効かんやろ?
当たり前じゃボケ!
育毛剤なんちゅーもんは99%効かん。
キミらに医学の知識がちーーーーーっとでもあればすぐにわかるこっちゃ。
つまりキミらアホなんや。
騙されとるんや。
まあええはどうでも。

この先は騙されたくないハゲだけ見てくれたらええ。
ええな。
騙されたくないハゲだけ見てくれ

薄毛・脱毛の種類と原因

脱毛の種類

脱毛にもさまざまな種類がありますが、その9割以上が「男性型脱毛症(AGA)」です。
その他に、10円ハゲと呼ばれる「円形脱毛症」、円形脱毛症の一種と考えられており体全体におこる「悪性脱毛症」、出産後に抜け毛が増える「分娩後脱毛症」、頭皮の環境悪化による「脂漏性脱毛症」「粃糠(ひこう)性脱毛症」、さらに「薬の副作用による脱毛」といったものが、主な脱毛症です。
また、自分で毛を抜いてしまう精神疾患の毛髪抜去症というものもあります。

男性型脱毛症の原因

原因は遺伝的、環境的な要素があり、その仕組みは完全には完全には解明されていません。
ただ、男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に変化することで、脱毛の元となることが知られています。
この男性ホルモンに関係する遺伝子が脱毛に関連しています。

また、少なくとも次のような環境的要因は髪にダメージを与え脱毛のもとになると考えられます。

偏った食生活・睡眠不足・運動不足の不健康3点セットは髪にもよくありません。
栄養が不足すると、直接命に関わらない髪の毛へは後回しになりますから、薄毛になります。
睡眠中には髪のダメージの修復が行われ、また毛母細胞の分裂が活発になり髪を成長させますが、睡眠が不足するとこれらの働きが低下します。
運動が不足すると、全身の血行が悪くなり、頭皮へ栄養が届きにくくなり、髪が薄くなります。

紫外線による髪へのダメージも見逃せません。
また、不潔にしていると毛根部分が詰まってしまい、髪の毛がやせ細ります。

タバコは血流を悪くし髪へ栄養が届きにくくなります。
アルコールは肝臓に負担をかけます。すると肝臓のタンパク質を作る働きが低下し、髪の毛が作られなくなってしまうのです。

その他の脱毛症の原因

ストレスにより円形脱毛症が起こることは良く知られています。
また精神的ストレスにより毛髪抜去症を発症するケースもあります。
悪性脱毛症は不明な点も多いですが、やはりストレスが関係していると考えられています。

出産や加齢による女性ホルモンと男性ホルモンのバランスの乱れは、抜け毛を引き起こします。

シャンプーや整髪料、育毛剤などが体質に合わなかった場合、頭皮が荒れると薄毛や脱毛の原因となります。
頭皮が乾燥しフケが大量に出ると粃糠性脱毛症に、皮脂が過剰に分泌されると脂漏性脱毛症になることがあります。